茶処 京都の卸問屋「なごみ」のオンラインショップです。茶器・茶道具、趣味の道具など、こだわりのセレクト品をお届けします。
ホーム | 茶器・煎茶道具 > 湯呑・飯碗庄 圭一郎作 萩焼紫雲湯呑(木箱入)
商品詳細

庄 圭一郎作 萩焼紫雲湯呑(木箱入)[20-0869]

販売価格: 3,300円 (税込)
[在庫数 2点]
数量:
萩焼は、慶長年間に韓国より渡来し陶工 李勺光、李敬兄弟が、毛利藩の御用窯として開窯し、
高麗風の茶陶を製作したことに始まります。

当時の茶人の間で「一楽 二萩 三唐津」と称され深く愛され続け、以来今日まで約400年の
歴史とともに受け継がれています。

素朴にして風趣に富み、その手ざわり口ざわりの柔らかさが特徴です。

使い込むほどに茶慣れによって色調、景色に種々の変化が生じ、これを「萩の七化け」と呼び親しまれています。


庄 圭一郎  1971年生まれ

1990年 七代目兼田三左衛門に師事 
1993年 椿秀窯にて作陶
1994年 山口県美術展 入選  以降 4回入選
1996年 九州・山口陶磁展 テレビ山口賞受賞
1998年 西日本工芸展「黒彩雲流花器」入選
2003年 萩市美術展 教育長賞 受賞


サイズ:径約75mm 高さ約80mm 容量180cc
箱:木箱
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
萩焼の特徴 切り高台

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス