茶処 京都の卸問屋「なごみ」のオンラインショップです。茶器・茶道具、趣味の道具など、こだわりのセレクト品をお届けします。
ホーム | 茶器・煎茶道具 > いっぷく碗大塩恵旦作 赤膚焼 いっぷく碗(奈良絵)
商品詳細

大塩恵旦作 赤膚焼 いっぷく碗(奈良絵)[11-0228]

販売価格: 4,950円 (税込)
[在庫数 1点]
数量:
大塩恵旦作の赤膚焼いっぷく碗です。

サイズ:径約101mm×高さ約78mm
箱:化粧箱

<しおりから引用>
赤膚焼の由来

 赤膚焼を産出する大和五条山は古代菅原の地で、附近一帯
の土は製陶の素材として最も適しており、垂仁帝の御代に野
見宿禰の埴作りのことが古記録に見えるところから推しても
明らかであります。
 天正年間、大納言豊臣秀長卿が尾張常滑の陶工与九郎を招
いて五条山独自の登窯を始め、その後京都の工人仁清が当地
において種々工夫を重ね、又郡山藩主柳沢家の御用窯となり、
特に三代城主堯山公が民芸作興の趣旨の下に保護奨励されて
より、遠州七窯の一として世に宣伝されるに至ったのであり
ます。
 天保年間に城下町郡山の小間物商柏屋武兵衛、一名奥田木
白が出現して、滋味饒かな赤膚の乳白釉を着彩した奈良人形
・香盒・置物の形物楽焼に見せた篦目の冴えと素朴な持味を
生かした作風は、倅木左、轆轤師山口縫造と共に赤膚焼の声
価を不滅のものとした実に強力な存在であり、古代赤膚焼の
伝統を生かしつつ現代の茶陶の基を完成せられたのでありま
す。
 幸いにして当作品を御覧いただき御批評を賜りますれば誠
に望外の悦びでございます。

赤膚焼
大塩恵旦

<しおりから引用>
奈良絵

 室町時代の末期頃から江戸時代の中期頃にかけて作られた
絵入の古写本がある。この本の内容はお伽草子が主であるが、
そのほかに物語類や幸若舞曲、それと「阿国歌舞伎図」など
風俗画的なものもあった様です。
 この本に、読み本の挿絵として描かれた絵が挿入されてい
ますが、横本形式の絵草紙的なものを奈良絵本とよばれてい
ます。この奈良絵本に描かれた絵を奈良絵と称していますが、
その画風に二つの様式がみられます。一つは構図も単純で素
朴な作風が、過去現在因果経絵巻にみられるものと、他は筆
法もこまかく華麗な土佐派的な画風のものとがあって、それ
なりの趣をもつ。
 どちらも大和絵の伝統をひくもので、胡粉、朱、緑などの
あざやかな色彩を用い、金銀の箔や泥を多く使用しています。
観賞的絵画としてのものではないが、雅味あふれるもので趣
味性の豊かなものであります。
 奈良(興福寺・東大寺)の絵仏師が製作したと伝えられてお
り画風からみて、町絵師的な絵師によって描かれたものと思
われます。
 これらの資料を参考にして、自分の作品に絵付して奈良絵
として使用致しております。
(奈良国立文化財研究所資料より)

赤膚焼
大塩恵旦
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス